サービス事例

お客さまにより業態や規模、環境もさまざまです。
SPグループでサポートさせていただいている事例の一部をご紹介いたします。

事例.1 Aホール様のケース

ホール店舗数:関東県内に23店舗
すべての業務をSPグループへ依頼

■倉庫保管管理
■新台・中古遊技機販売
■中古機売買・廃棄処理
■遊技機台洗浄
■運送
■新台・中古台書類作成
■システム導入(クリアセブン全機能)
■遊技機設置業務
【 課 題 】

SPグループに依頼する以前、Aホール様では、3つの倉庫を利用していました。一つは自社倉庫で備品と一部中古台の保管、一つは撤去台保管、一つはホールに新台・中古台配送するための倉庫です。そのため、自社倉庫の家賃や維持費、また、3ヶ所の往来による運搬コスト負担もかさんでいました。さらに、どの倉庫にどの遊技台があるのかを把握することができず、不要な台や廃棄物も無駄に保管していたのです。

【 解 決 】

弊社契約後は、セブンピース倉庫に一括管理を行い、撤去台・備品保管を行っています。また、新台はメーカーの運送会社からセブンピース倉庫に全店分を一括で納品。中古台や備品等も合わせて、セブンピースロジスティックが各ホール様へ配送しています。
さらに、遊技台をシステムで管理することにより、設置されている遊技台の情報、そして倉庫に保管されている遊技台の情報が、本社様、店舗様でもリアルタイムに把握できるようになりました。 同時に、各ホール様でも把握できる環境を構築し、倉庫には常に必要なものだけが保管されているという状況を作り出しました。管理が簡単で、しかも無駄を省くことができるため、大幅なコスト削減をもたらしています。また、このシステムを使用した中古機の転売も実施。より早い段階での中古機転売が、ホール様への利益を創出し、経営に大きく貢献しています。
撤去台のチェーン店移動書類も、撤去翌日にはQRコードが読み取れるため、きわめてスムーズです。

こうした施策によって、以下のような効果を生み出しました。

  • ① 自社倉庫家賃や維持費+運搬配送費=無駄な経費が半分~1/3に軽減
  • ② 中古機転売による収入
  • ③ 必要ないものを廃棄することにより、倉庫費を軽減。
  • ④ システムによる管理により、まちがいない台番号を確認でき、欠品状況もリアルタイムの確認が可能
  • ⑤ 早いチェーン店移動が可能

事例.2 Bホール様のケース

ホール店舗数:関東県内に11店舗
一部業務をSPグループに依頼

■倉庫保管管理
■倉庫保管管理
■一部中古機売買・廃棄処理
■運送
■一部システム導入(クリアセブン保管在庫のみ使用)
【 課 題 】

SPグループに依頼する以前は、自社倉庫で遊技台を保管し、在庫管理も自社で管理を行っていました。そのため、管理費はもちろん、倉庫人件費の負担も大きくなっていました。 また、運送費も倉庫~ホール~倉庫の往来、あるいはメーカーからの新台配送費も別途費用が必要で、月に2回の入替にかかる運搬費負担の軽減が大きな課題となっていました。

【 解 決 】

弊社契約後は、セブンピース倉庫にて一括管理を行い、撤去台・備品保管を行っています。また、新台はメーカーの運送会社からセブンピース倉庫に全店分を一括で納品。中古台や備品等も合わせて、セブンピースロジスティックから各ホール様へ配送しています。運搬費用は、大きく軽減されました。
さらに、遊技台のシステム管理によって、インターネットで在庫台がリアルタイムに把握できるようになりました。同時に、各ホール様でも把握できる環境を構築し、倉庫には常に必要なものだけが保管されているという状況を作り出しました。管理が簡単で、しかも無駄を省くことができるため、経費削減をもたらしています。
年に数回、システムを使用した中古機転売と廃棄を実施。保管料の経費削減によって、ホール様には大変喜ばれています。

課題

  • ① 自社倉庫家賃や維持費+運搬配送費=無駄な経費が半減。
  • ② 必要ないものを廃棄する事により、倉庫費用を軽減。
  • ③ システムにより保管台管理ができるようになり、在庫状況を把握、間違いのない台番号での確認、欠品状況も全てリアルタイムに確認できる。
PAGE TOP